素股(スマタ)のやり方・体位!性病や妊娠の可能性は?コンドームをつけるべき?

2月17日19時

素股とは何?

素股とは、ペニスを女性の股に挟んで、摩擦や圧迫することで性的刺激を与え射精に導く行為です。

風俗だけでなく、カップルや夫婦間で行うことも

一般的に素股と言えば、本番行為NGの風俗で行われるイメージですが、カップルや夫婦にも普及しています。

パートナーが生理中や妊娠中で膣に挿入することが困難な場合に適しているのですね。

ペニスをクリトリスに当てるパターン、当てないパターン

これは注意してほしいのですが、素股はペニスをクリトリスに当てるパターン、当てないパターンが存在します。

風俗店でも、店や風俗嬢によって異なるのでご注意を。昔は当てるパターンが多かったのですが、今は当てないパターンのほうが多い印象ですね。

(女性向け)ペニスにクリトリスを当てたくないなら、手でガード

これは女性向けのアドバイスになるのですが、ペニスにクリトリスを当てたくないなら、クリトリスを手でガードしましょう。

ガードするだけでなく、手や指で亀頭を刺激してあげることで男性は気持ちよくなり、まるでクリトリスに当てているような感触になります。

また、足をクロスさせるなどして体を密着させることで、ペニスへの刺激を強めながらも、性器が見えないので男性客がペニスを膣に挿入しにくい形になり、おすすめです。

素股(すまた)のやり方と体位!どうやったら気持ちよくなる?

女性主導の騎乗位

風俗で人気がある、女性主導の騎乗位。

女性が男性の上に跨り、チンコを股で挟みながら腰を振ります。

股でチンコを挟むだけではズレてしまいがちなので、チンコに女性の手を添えてもらうとフィットしやすいです。手でも刺激を与えると尚良いでしょう。

チンコをお腹側に少し倒すとズレにくいので、うまく調整しましょう。

普段と違うバリエーションとしては、男性に女性の尻が見える形で、クリトリス側ではなくお尻側で擦ることで、リアルに本番挿入しているようなビジュアルになります。

ただ、お尻で擦るのは女性側が気持ちよくないという意見も多いので、互いに確認しましょう。

男性主導の正常位

カップルや夫婦では、男性主導の正常位が多いかと思います。

当てる場合は、チンコの根元がクリトリスに当たる位置まで体を近づけ、当たったら女性の股を締めましょう。

更に女性の足をクロスさせると密着度合が高まり、快感アップ。通常の正常位セックスでは女性の足をクロスさせないですが、素股の場合はクロスさせるのがコツです。

男性が腰を振りましょう。

対面座位

男女が互いに座って行う対面座位。男性があぐらをかく体勢で、女性がその上に乗っかる形です。

互いに見つめ合ったりキスをしたりしやすいので興奮しやすい反面、女性は足腰の筋肉をフルで使う形になるので、腰が悪い女性は避けるべき体位と言えます。

立位(正面)

男女ともに立って、抱きつく形でペニスを女性の股に入れ込み、腰を振ります。

この場合も、女性の足を少しクロスさせると、圧迫感が強くなり刺激が高まります。

立ちバック

女性が壁に手を添える形で立ち、男性が後ろから抱きつきます。尻と股の間にペニスをねじ込み、腰を振ります。

普通のセックスでも立ちバックが好きな男性が多いので、非常に人気の高い体位ですが、女性にとっては、膣にペニスを挿入されやすいというリスクがあります。

本番挿入されたくない風俗嬢の方は、避けるべき体位ですね。

素股で性病や妊娠する可能性は?コンドームをつけるべき?

素股でもコンドーム無しの場合、男性器と女性器が接触し、性病に罹患したり妊娠したりする可能性があります。

ゴムあり本番より、ゴムなし素股のほうが直接性器同士が触れ合ってしまう分、そのリスクは高いと考えます。

素股(スマタ)のやり方・体位!性病や妊娠の可能性は?コンドームをつけるべき? 他のおすすめ記事